トランプ氏、Twitterアカウント復活も使う予定はなし

Queenie Wong Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年11月21日 09時18分

 Twitterの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米国時間11月19日、Donald Trump前米大統領のアカウントの永久凍結を解除し、復活させた。これでTrump氏はソーシャルメディアへの発信源を取り戻すことが可能になったが、今のところ、ツイートするつもりはないと主張している。

Donald Trump前米大統領のアカウント
提供:Getty Images

 Musk氏は18日、Trump氏のアカウントを復活させるべきかどうかを問うアンケートをTwitter上で実施した。1500万票を超えるアカウントから投票があり、51.8%がTrump氏の復活に賛成、48.2%が反対という最終結果が得られた。どれだけの数のボットやその他の偽アカウントが投票に参加したかは不明だ。

 「人々は発言した。Trump氏は復活する」とMusk氏はツイートした。なじみ深いアカウント名@realDonaldTrumpが19日、Twitter上に表示された。

 Trump氏自身は19日、アカウントの復活に先立ち、共和党グループとのビデオインタビューの中で、「Twitterはかなり問題が多い」と見ていると述べた。Bloombergの記事によると、Trump氏はコメントの中で、2022年に入って自身が創設を支援したソーシャルネットワーク「Truth Social」に留まるつもりだと述べたという。

 Twitterなどのソーシャルネットワークは2021年1月、同月6日に起きた連邦議会議事堂襲撃事件を受けて、Trump氏がさらなる暴力を誘発する恐れがあるとして、同氏のアカウントを凍結していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]