「Pixel 7」のAI機能を高めるグーグルの新プロセッサー「Tensor G2」

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年10月07日 10時06分

 Googleは米国時間10月6日、スマートフォン向けプロセッサー「Tensor G2」を発表した。「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」のAI能力を向上させる第2世代のデジタルブレーンだ。

Tensor G2
提供:Google; screenshot by Stephen Shankland/CNET

 Tensor G2は、Pixel 7がAIによって実現する多くの機能で重要な役割を果たす。例えば、人の発話の認識、通話中の背景雑音のフィルタリング、音声のテキスト変換や異なる言語への翻訳などで、中でもおそらく最も重要なのは、写真と動画の処理だろう。

 「Tensor」という名は、Googleがプロセッサー上でスピードアップしたいAI計算の中核となる数学上の概念「テンソル」に由来する。

 Tensor G2によって、スマートフォンの電力消費を抑えつつAIの有用性を大幅に向上させられる可能性がある。バッテリー駆動時間は、2021年に発売された「Pixel 6」で批判が大きかった。Googleによると、Tensor G2はテキストから音声への変換が、より少ない消費電力でできるようになり、大幅に高速化しているという。

 Armの「Cortex-X1」設計を採用した2つの高速CPUコアと、「Cortex-A55」を採用した効率重視の4つのCPUコアについては、初代のTensorから変わっていない。中間の2つのCPUコアが「Cortex-A78」にアップグレードされている。

 また、GPUがArmの「Mali-G78 MP20」から新しい「Mali-G701 MP07」に変更されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]