Google、Suica対応「Pixel Watch」正式発表--3万9800円から

 Googleは10月6日(現地時間)、Pixelブランド初のスマートウォッチ「Pixel Watch」を正式発表した。日本での価格はWi-Fi版が3万9800円から、LTE版が4万7800円から。


 Pixel Watchは、ドーム型のコーニング製「ゴリラガラス5」に覆われた円形のスマートウォッチだ。ケースサイズは41mmの1種類。ディスプレイは有機ELで、輝度は最大1000nit、画素密度は320ppi。画面の常時表示にも対応している。

 筐体はステンレススチール製。アクティブバンド以外のバンドは別売りで、20種類以上のバンドを選択できる。なお、メタルバンドは来春以降の取り扱いになるとしている。


 「FeliCa」を利用した「Google Pay」にも対応する。製品ページには「Suica」に対応することが示されている。Googleによると1回の充電で24時間連続駆動し、30分間の充電で最大50%まで充電できる。

 (追記:FeliCa機能はSuicaのみ対応)

 運動時および安静時における心拍数のトラッキングや、転倒検出、月経周期トラッキングにも対応する。Googleが買収したFitbitの「Fitbitアプリ」と連携することで、さらに多くの健康管理機能を利用できる。

 独自のワークアウトやガイダンスを利用できる「Fitbit Premium」も6カ月間追加料金なしで利用できる。防水は5気圧防水(水深50メートルまで)に対応する。

 Googleのスマートウォッチ向けOS「Wear OS」を搭載。「Googleアシスタント」や「Googleカレンダー」、「Gmail」といったGoogleサービスとシームレスに連携するほか、「Googleマップ」を利用したナビゲーション機能にも対応する。


 Pixel Watchを利用するには、「Android 8.0」以降のOSを搭載するAndroidスマートフォンが必要だ。なお、LTE版ではスマートフォン不要でデータ通信や通話の着信が行える。

 その他、Pixel Watchを購入することで、「YouTube Music Premium」を3カ月間無料で利用できる特典が付属する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]