ホンダ、自動運転EV「Cruise Origin」を試験中--20年代半ばに東京でサービス開始目指す

 本田技研工業(ホンダ)は、ライドシェアサービス向けに開発している自動運転対応の電気自動車(EV)「Cruise Origin(クルーズ・オリジン)」について、日本仕様の量産モデルを試作し、テスト走行を実施中だ。Cruise Originによる自動運転モビリティサービスを、2020年代半ばから東京都心部で提供したいとしている。

日本でも自動運転モビリティサービスを提供へ(出典:ホンダ)
日本でも自動運転モビリティサービスを提供へ(出典:ホンダ)

 Cruise Originは、ホンダとGeneral Motors(GM)、GM傘下のCruiseが共同開発している車両。自動運転モビリティサービスの専用車で、レベル4相当の自動運転技術に対応し、人間の介在なしに自動走行が可能。

 ハンドルやペダル、ルームミラーなど運転操作に必要な装備を搭載していないため、車内の空間が広く、一般的な乗用車と同程度の大きさでありながら、6人がゆったり乗車できるという。左右両側に設けた両開きスライドドア、低床プラットフォームにより、乗降しやすいそうだ。

 日本仕様Cruise Originの試作車は、米国でテストコース試験走行や衝突試験などを行っている。今後、GM製「Bolt EV」ベースの試験車両やCruise Originを使い、東京でも実証実験を実施する考え。

 なお、GMはアラブ首長国連邦(UAE)のドバイでCruise Originによる自動運転配車サービスを提供する計画。また、米国でもサービス提供に向けた取り組みを実施中。

Cruise Originの紹介ビデオ(出典:ホンダ/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]