「Uber Eats」、Nuroの自動運転EVをデリバリーに活用へ

Meara Isenberg (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年09月09日 08時52分

 UberとNuroは米国時間9月8日、Nuroの自動運転電気自動車(EV)をUberのフードデリバリーに使用する複数年契約を締結したことを発表した。秋にまずカリフォルニア州マウンテンビューとテキサス州ヒューストンで開始し、ベイエリアのより広い地域に拡大していく計画だという。

NuroのUber用自動運転EV
提供:Uber

 発表によると、Nuroの自動運転配送車は、食品などの商品の運搬用に特別に設計されており、ドライバーや乗客を乗せずに公道を走行する。Nuroはこれまでに、FedExやDomino'sなどの企業との提携を発表している。

 マウンテンビューとヒューストンにおける参加店舗や対象地域は公表されていない。Uberによると、サービス提供地域で注文すると、「自動運転車が配達する可能性がある」というメッセージがアプリに表示される。人間のドライバーによる配達を選択することも可能だ。

 自動運転車を選択すると、注文した商品が店舗から発送される際、自動運転車が配達することになったかどうかを伝える通知がユーザーに届く。商品を乗せた自動運転車が到着したら、スマートフォンを使ってドアを解錠する。注文時にチップを加えていた場合は、返金される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]