Google、「YouTube」で音楽業界に8600億円以上を還元--1年前は5700億円超

 Googleは、「YouTube」による収益で、世界の音楽業界に2021年7月から2022年6月までの1年間で60億ドル(約8623億円)以上を還元できたと発表した。1年前(2020年7月から2021年6月)の還元額は、40億ドル(約5748億円)超だった。

 YouTubeの収入源は、広告とサブスクリプション契約が中心で、ユーザー生成コンテンツ(UGC)の収益化にも取り組んでいる。ちなみに、権利者などに対して実施した還元のうち、UGCにともなう金額の割合は2年連続で30%以上だそうだ。

 さらに、「TikTok」対抗の短編動画機能「YouTubeショート」については、1日の視聴回数が300億回、月間ログインユーザー数が15億人に達しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]