アップル、ARヘッドセットの名称候補を商標出願か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2022年08月30日 11時52分

 このところのAppleによる「reality(現実)」という単語を含むさまざまな商標出願は、うわさされている拡張現実(AR)ヘッドセットの名称候補を同社がストックしていることを示唆する動きだと、Bloombergが米国時間8月28日に報じた。「Reality One」「Reality Pro」「Reality Processor」といった名称の商標登録出願が、米国、欧州連合(EU)、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、サウジアラビア、コスタリカ、ウルグアイで提出されている。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、ARは「iPhone」と同じくらい重要な可能性のある技術として、AppleがARの大きな未来に向けた準備を進めていることを示唆している。同社は新興のAR分野への関心を隠さない一方、うわさされているAR/VRヘッドセットについては口を閉ざしてきた。

 Appleはこれまでヘッドセットに関する発表を行っていないが、Appleに詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2023年1月のイベントでヘッドセットを発表する見通しだ。同社は2023年に、顔に装着するデバイス150万台を、最高2000ドル(約28万円)の価格で出荷することを目指しているという。

 Bloombergによると、これらの商標は、Appleの名前ではなく、同社のシェルカンパニーとされるImmersive Health Solutionsの名前で出願されているという。そのImmersive Health Solutionsは、別のデラウェア州のシェルカンパニーCorporation Trust Co.によって登録されている。Corporation Trust Co.は、社名を伏せたい企業による申請に用いられることが多い。

 AppleのVRヘッドセットは、8Kディスプレイとアイトラッキングカメラ、複合現実(MR)体験用の外部カメラ、同社独自の「M1」プロセッサーを搭載するとうわさされている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]