竹中工務店ら、使用できない経路は進入禁止に--自動火災報知設備連動の避難口誘導灯

加納恵 (編集部)2022年07月05日 15時28分

 竹中工務店、東芝ライテック、ホーチキは7月5日、出火場所に応じて進入禁止を表示する避難口誘導灯を開発したと発表した。火災により使用できなくなった避難経路上の避難口誘導灯に進入禁止(×印)の表示をし、火災状況に応じた安全な避難口へ誘導する。

進入禁止を表示できる避難口誘導灯の設置状況
進入禁止を表示できる避難口誘導灯の設置状況

 一定規模以上の建物では、火災や災害の発生時、建物にいる人々が速やかかつ安全に避難できるよう、複数の避難経路が計画されているが、出火場所によっては一部の避難経路が利用できない場合があり、そこにつながる避難口誘導灯が表示されたままだと、避難者が誤って危険な避難経路に誘導される恐れがあるとのこと。

 新たに開発した進入禁止を表示する避難口誘導灯は、自動火災報知設備と連動して避難口誘導灯に進入禁止が表示されるため、安全な避難が可能。表示装置の設計、製作を東芝ライテック、防災設備との連携システムの検討をホーチキ、システムの設計要件、評価と適用を竹中工務店が担当している。

 新築、既存問わず複数の避難経路を持つ建物に適用が可能。6月に竣工した名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業に初適用しているという。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]