データ分析SaaS「Sales Rush Board」のSrush、HIRAC FUNDなどから1.8億円の資金調達

 データ分析SaaS「Sales Rush Board」を展開するSrushは7月4日、マネーフォワードベンチャーパートナーズのHIRAC FUND、ニッセイ・キャピタルを引受先とする第三者割当増資と金融機関からの借入により、プレシリーズAラウンドとして1億8000万円の資金調達を実施したと発表。累計調達額は2億6000万円としている。

 Sales Rush Boardは膨大な時間がかかるとされる、エクセルを活用した収集したデータの整理や手動での更新作業といったものから解放し、データ分析に関わる業務が全てノーコードで実現可能。連携可能なツール700種類以上であるほか、専門的な知識がなくても容易に思い通りのグラフが作成できるなど、誰でもデータ分析が可能。最新の数字やグラフが社内SNSやメールに通知されることで、日々の施策の効果確認でき、共有コストがゼロとなることで、レポーティング工数を削減できるという。

「Sales Rush Board」の特長
「Sales Rush Board」の特長

 昨今では、リモートワークやDXの急激な普及、さらに次世代インターネットWeb3への移行によるデータの分散化により、企業が扱うデータ量が爆発的に増え、データの分断が急速に進行。一方でデータ活用への取り組みにおいて、課題となっているのが人材や専門知識の不足となっており、加速度的に蓄積される膨大なデータ量に反して、企業はデータ活用を進められない現状があると指摘。

 Sales Rush Boardの提供を通じて、エクセルからの脱却ならびに、生産性向上に寄与していくという。調達資金は開発の強化にあてるとともに、サービスの販売拡大や人材採用の促進で活用していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]