アップルストア従業員、米国で初の労組結成へ--メリーランド州で

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年06月20日 08時54分

 米メリーランド州ボルチモア近郊にあるAppleストアの従業員らが、労働組合の結成を投票で可決した。米国時間6月18日の発表で明らかになった。米国に270店舗以上ある同社ストアで初の労組結成となる。

ロサンゼルスのAppleストア
ロサンゼルスのAppleストア
提供:Apple

 The New York TimesやWashington Postなどの記事によると、国際機械工・航空宇宙労働者協会(IAMAW)への参加について、65人の従業員が賛成票、33人が反対票を投じたという。

 米国の複数のAppleストアで労組結成の動きが加速しており、今回の投票結果は、Appleの店舗従業員にとって転換点となるものだ。

 労組結成の動きが加速しているのは、Appleだけではない。Googleの従業員らは、Alphabet Workers Union(AWU)の結成を2021年初頭に開始した。この動きは、ミズーリ州の契約業者グループにも広がり、3月には同州でGoogle Fiberの契約業者が、初となる労働組合を結成し、AWUと契約した。

 Amazonの倉庫で働く従業員らの間でも4月、複数の大きな労組結成の動きがあった。ニューヨーク州スタテンアイランドの倉庫で働く従業員らは、米国におけるAmazonの従業員として初めて労組結成を可決した。一方、アラバマ州の従業員らは、労組結成に失敗した。

 大手ハイテク企業の多くが、労組結成に抵抗している。Amazonは、自社倉庫での労組結成投票の1つを妨害しようとしたとして米連邦当局に批判され、Appleも、労組結成の動きを阻止しようとしたとして批判されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]