トヨタ、8月に住宅用蓄電池システムを発売--電動車用バッテリーの技術から開発

 トヨタ自動車は6月2日、電動車開発で培った電池技術と、車載部品、ユニットを活用した住宅用蓄電池システム「おうち給電システム」を開発したと発表した。

 同日から先行予約を開始し、8月からハウスメーカー、総合施工会社を通じて、日本国内で販売するという。

キャプション

 おうち給電システムは、同社の電池制御といった電動車用バッテリーの技術を応用。電池の安全性を確保するとともに、8.7kWhの定格容量と5.5kWの定格出力を備え、平時だけではなく、災害などによる停電時にも家全体に電力を供給できる。

「おうち給電システム」の構成図
「おうち給電システム」の構成図

 また、太陽光発電システムと連携することで、昼間と夜間それぞれの時間帯において、ニーズに合せた最適な電力が供給できるという。



 さらに、同社ならではの機能として、電動車(HEV、PHEV、BEV、FCEV)のAC100V出力からの給電に対応。停電時に家庭のバックアップ電源として、電動車に蓄えた電気が利用できるとしている。


 加えて、将来のIoT化に備え、ハイブリッドパワーコンディショナと接続した無線LANルーターを介し、スマートフォンやタブレット端末にダウンロードした専用アプリ(iOS/Android)から、蓄電量の確認、運転モード設定などがリアルタイムに操作できるという。

スマートフォンからの操作イメージ
スマートフォンからの操作イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]