写真で見るソニーPCLのバーチャルプロダクションスタジオ「清澄白河BASE」 - 12/14

加納恵 (編集部)2022年03月30日 10時00分
 駐車場からスタジオへ車の乗り入れが可能。発売前の車は秘匿性が高く、公道を走れないため、スタジオ内で走行中のイメージが撮影できるのはバーチャルプロダクションならでは。車と背景を後からCG合成する方法もあるが、車体のなめらかな曲線や、光沢のあるインパネ部分は光が映り込むため合成が難しい。バーチャルプロダクションであれば、映っている光は本物のため、リアルな反射や映り込みを表現できる。
Scroll Right Scroll Left

 駐車場からスタジオへ車の乗り入れが可能。発売前の車は秘匿性が高く、公道を走れないため、スタジオ内で走行中のイメージが撮影できるのはバーチャルプロダクションならでは。車と背景を後からCG合成する方法もあるが、車体のなめらかな曲線や、光沢のあるインパネ部分は光が映り込むため合成が難しい。バーチャルプロダクションであれば、映っている光は本物のため、リアルな反射や映り込みを表現できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]