写真で見るソニーPCLのバーチャルプロダクションスタジオ「清澄白河BASE」 - 3/14

加納恵 (編集部)2022年03月30日 10時00分
 バーチャルプロダクションとは、ディスプレイに最適な画像をリアルに描き出し、カメラが動くとディスプレイ上に描き出された背景も連動して動くというもの。リアルな空間で撮影しているようなカメラの映像を切り取れることが特徴だ。カメラが右、左と回り込んでも、その背景映像の追随が可能。カメラで撮影した状態で合成処理までが基本的に終わっていることになる。

 清澄白河BASEでは、横15.2m×高さ5.4mのCrystal LED Bシリーズを曲面状に配置。解像度は9600×3456ピクセルで、ここに高精細かつ高輝度な画像を映し出すことで背景として使用する。
Scroll Right Scroll Left

 バーチャルプロダクションとは、ディスプレイに最適な画像をリアルに描き出し、カメラが動くとディスプレイ上に描き出された背景も連動して動くというもの。リアルな空間で撮影しているようなカメラの映像を切り取れることが特徴だ。カメラが右、左と回り込んでも、その背景映像の追随が可能。カメラで撮影した状態で合成処理までが基本的に終わっていることになる。

 清澄白河BASEでは、横15.2m×高さ5.4mのCrystal LED Bシリーズを曲面状に配置。解像度は9600×3456ピクセルで、ここに高精細かつ高輝度な画像を映し出すことで背景として使用する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]