写真で見るソニーPCLのバーチャルプロダクションスタジオ「清澄白河BASE」 - 14/14

加納恵 (編集部)2022年03月30日 10時00分
 ソニーが1月のCESで発表したEVのプロトタイプ「VISION-S」のコンセプトビデオのいち部分もバーチャルプロダクションで撮影されたという。

 バーチャルプロダクションの強みは、ロケの許諾がおりにくかったり、天候に左右されないこと。屋外のロケは天候によってバッファをとっているため、余裕のあるスケジュールが求められる。スケジュールを読みやすい分、働き方改革にもつながるとしている。
Scroll Right Scroll Left

 ソニーが1月のCESで発表したEVのプロトタイプ「VISION-S」のコンセプトビデオのいち部分もバーチャルプロダクションで撮影されたという。

 バーチャルプロダクションの強みは、ロケの許諾がおりにくかったり、天候に左右されないこと。屋外のロケは天候によってバッファをとっているため、余裕のあるスケジュールが求められる。スケジュールを読みやすい分、働き方改革にもつながるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]