「Windows 11」でAndroidアプリを実行できる最小要件が明らかに

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年02月21日 11時51分

 「Windows 11」を搭載するPCで、Amazonのアプリストアから多くの「Android」アプリをダウンロードして実行できるが、予想以上に費用のかかるハードウェアが必要になりそうだ。

 Windows 11が動作するシステムの最小要件は、1GHz以上で2コア以上のプロセッサー(Intel、AMD、またはQualcomm Technologies製)、RAM 4GB、ストレージ64GBなどとなっている。Windows 11の要件に対応していない既存のビジネス用PCやコンシューマー向けPCも数多くある。

 Windows 11でAndroidアプリを実行する場合、さらにハードルが高くなる。Windows 11のAndroidアプリ対応は、大きくアピールされていたが、10月にWindows 11の一般提供が始まった時点で、まだAndroidアプリを利用できなかった。2月に入り、Androidアプリをダウンロードできる「Amazon Appstore」のプレビュー版が、米国の「Microsoft Store」で提供開始されている。

 新たなサポートページに、Windows 11でAndroidアプリを実行するための推奨要件が記載されている。

 Windows 11でAndroidアプリを実行するには、Windows 11の最小RAM要件である4GBではなく8GBが必要だ。これは最小要件で、Microsoftは16GBを「推奨」している。「Surface Laptop 4」のエントリーレベルの構成であるRAM 8GBで、かろうじてクリアできるレベルだ。つまり、RAMをアップグレードするか、エントリーレベルの構成を上回る新しいPCを選ぶ必要があるかもしれない。

 CPUの最小要件は、Intelの第8世代「Core i3」(最小)以上、AMD「Ryzen 3000」(最小)以上、Qualcomm「Snapdragon 8c」(最小)以上だ。

 また、ソリッドステートドライブ(SSD)が必要になるほか、Windows 11で仮想マシンプラットフォームの設定を有効にする必要がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]