キャデラックの自動運転車は「走るカップルシート」--2人乗りEVコンセプト「InnerSpace」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 General Motors(GM)は、完全な自動運転が可能になった未来の高級乗用車をイメージし、「Cadillac(キャデラック)」ブランドのコンセプトデザインとして、2人乗り電気自動車(EV)「InnerSpace」を発表した。

未来の自動運転EV(出典:GM)
未来の自動運転EV(出典:GM)

 運転手の操作が不要な完全自動運転に対応した自動車ならば、人間は運転のために注意を払う必要がない。その結果、乗っている人は運転でなく、移動そのものを楽しめるようになり、周囲の景色や車内のエンタメに集中できる。

 InnerSpaceはそうした時代の乗用車で、乗っている2人がゆったり移動できるデザイン。運転席と助手席の区別はなく、ベンチシートと呼ぶより「カップルシート」といったソファーのような座席がある。座席のレイアウトも柔軟に変更でき、足を伸ばしてくつろげる。

ゆったりしたシートが特徴(出典:GM)
ゆったりしたシートが特徴(出典:GM)

 ハンドルやペダルなど運転に必要な装備は存在しない。前面には大きな画面があり、映画などのコンテンツを楽しめそうだ。ドアのほか屋根も大きく開くので、乗り降りも楽にできる。

乗り降りが楽(出典:GM)
乗り降りが楽(出典:GM)
荷物スペースも広い(出典:GM)
荷物スペースも広い(出典:GM)

InnerSpaceの紹介ビデオ(出典:GM)


 なお、同様のコンセプトデザインは、Volvo CarsVolkswagenトヨタ自動車なども発表している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]