Visa、仮想通貨コンサルティングサービスを開始

Michael Gariffo (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2021年12月13日 11時01分

 Visaが、決済に関するコンサルティング部門Visa Consulting & Analytics(VCA)の新たなサービス「Global Crypto Advisory Practice」の提供開始を発表した。仮想通貨の投資や導入といったさまざまな側面について金融機関や小売企業にアドバイスするものだ。

 Visaは、アドバイスを提供する想定ケースとして、仮想通貨戦略の策定、仮想通貨ベースの報酬プログラムの導入、消費者向けの中央銀行デジタル通貨(CBDC)ウォレットのような仮想通貨関連商品の開発などを挙げている。

 VCAのグローバル責任者であるCarl Rutstein氏によると、Visaは「この1年で顧客の考え方が大きく変わり、仮想通貨を検討して試したいという願望から、実際に戦略と商品ロードマップを構築することへと移っている」のを見てきたという。

 同社が「家計に関する意思決定者」へのアンケート調査を実施したところ、94%が仮想通貨について知っており、そのうち約3分の1はすでに仮想通貨を保有していると回答したという。

 この調査では、ほかにもいくつか注目すべき傾向が明らかになった。仮想通貨について知っていると答えた人のうち、仮想通貨を保有していると答えた人の割合は新興市場が37%で、先進国の29%よりも高くなっている。また仮想通貨保有者のうち42%は、仮想通貨を「将来の金銭的手段」と考えており、84%は仮想通貨ベースの還元を提供するクレジットカードへの関心を示している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]