「iPhone」「Apple Watch」がホテルの鍵に--まずハイアットが6カ所で導入

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年12月09日 12時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iOS 15」におけるNFCキー対応は、さまざまな場所の鍵が「iPhone」に搭載され始める世界の到来を告げるものだ。そして今回、大手チェーンHyatt Hotelsの一部ホテルがこの機能に対応した。

iPhone
提供:Hyatt

 米国にあるHyattの6つのホテルが対象となる。利用客はホテルの予約が完了したら、「World of Hyatt」アプリを使って「ウォレット」アプリにルームキーを追加できる。開錠する際にアプリを起動する必要はなく、iPhoneや「Apple Watch」をかざすだけでいい(鍵として機能するiOSアプリはほかにも既にあるが、これらのアプリは使う前に起動する必要がある)。

 iOS 15の設定で「エクスプレスモード」がオンになっている場合は、iPhoneがロックされている時でもNFCキーを使える。ただしこの場合、このiPhoneを使えば、誰でもホテルの部屋のドアを開けることが可能になってしまう。エクスプレスモードでは個人情報に加え、鍵自体も表示されることはないが、端末をドアにかざすと解錠機能が作動する。

 「ウォレット」アプリに搭載されたAppleのNFCキー機能は、iPhoneやApple Watchのバッテリー残量が極端に少なくなった場合でも、予備電力機能があるため、最大約5時間は使えるという。

Apple Watch
提供:Hyatt

 この機能についてほかのパートナーは発表されていないものの、今後は自宅の鍵や企業の社員向けIDなどに利用される例が、どこかの時点で登場するものとみられる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]