メルカリ、コンビニ大手3社と包括連携協定を締結--出品対策を強化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは12月3日、セブン‐イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンの3社と、共同でさまざまな取り組みを実施する包括連携協定を締結したと発表した。3社の商品がより安心、安全に取引できる環境の構築を目指す。

 具体的な連携内容は、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンの3社が、特定のキャンペーン情報や商品情報、画像などの詳細を、事前にメルカリと共有する。

 メルカリは、共有された情報に基づき、フリマアプリ「メルカリ」の出品物を監視し、利用規約に違反する出品を防止する。個別に協議の上、合意した特定の商品については、利用規約に違反する出品としての削除も実施するという。これにより、利用者が安心、安全に取引できる環境の構築を目指す。

 なお、コンビニ大手がフリマアプリの事業者と二次流通での対応で協業するのは今回が初めてになるという。

 同社では今後、さまざまな一次流通企業との対話や連携を強化し、利用者へと適切な情報を提供していくことで、誰もが安心して参加できるマーケットプレイスを目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]