「Pixel 6」の「消しゴムマジック」が便利--写真に写り込んだ物をカンタン消去

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2021年11月17日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャッターを押す瞬間に近くにいた誰かがフレームに入り込み、写真を台無しにされた経験がある人に朗報だ。Googleの新しい「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」スマートフォンには、そうした大切な思い出を救うのに役立つ機能がある。

消しゴムマジック
「消しゴムマジック」ツール
提供:Google/Stephen Shankland/CNET

 両モデルの「Googleフォト」アプリに搭載された「消しゴムマジック」ツールを使うと、撮影したばかりの新しい写真や、保存済みの写真から、目につく不要な物や人をきれいに取り除くことができる。不要な被写体を取り除いた部分が、ボケ効果のようにぼんやりした状態になることもない。同ツールは、写真で邪魔になるものを検知し、ユーザーが消去したい可能性がある候補を提案する。ユーザーは、候補を一括して消去するか、一度に1つずつ消去するかを、簡単なタップ操作で選択できる。その後の処理では、機械学習を利用し、不要な要素を写真から消去した部分の画像がどう見えるかを推測して合成するという。

消しゴムマジックを使う手順

  1. Googleフォトアプリを起動する。
  2. 写真を選ぶ。
  3. 下部のツールバーの「編集」をタップする。
  4. 消しゴムマジックをタップすると、不要なものの候補が検出され、白色で輪郭が表示される。
  5. 提案に同意する場合は、「すべてを消去」をタップする。または、不要なものを1つずつタップして消去する。

 取り除きたい対象が正しく選択されない場合は、手作業で対象を円で囲んでから消去できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]