KDDIら、ドローンによるフードデリバリー実証実験--有人地帯での実施は都内初

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ウェザーニューズ、Terra Drone、日本航空の5社は11月11日、11月20日にフードデリバリーサービスの実証実験を実施すると発表した。

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

 東京都の公募に対して提案した「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」に基づき、申込者に対してドローンの自律飛行で料理を輸送する。

 ドローンを活用した業務の自動化、省人化といった業務効率化への期待が高まっている物流分野で、2022年度を目途に制度の整備が予定される「有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4飛行)」を見据え、都内の有人地帯で初となる実証実験に取り組む。

 具体的には、ウォーターズ竹芝の施設内で調理したメニューを、同広場や浜離宮恩賜庭園の水上バス発着場までドローンで配送する。アフターコロナにおける物流変革を見据えたビジネスモデルを検討しつつ、「未来をイメージできるエンターテインメント型フードデリバリー」をコンセプトに展開するという。

ウォーターズ竹芝内での輸送
ウォーターズ竹芝内での輸送
ウォーターズ竹芝から浜離宮への輸送
ウォーターズ竹芝から浜離宮への輸送

 利用するドローンは、ACSLの「ACSL-PF2」。純国産で、国内・海外での導入実績があり、多くの物流実証を行っている機体として採用した。

ACSL-PF2
ACSL-PF2

 輸送するメニューは、アトレ竹芝の「スペシャルランチセット」と、メズム東京の「スペシャルランチセットボックス」。予約数は各5組(計10組)で、既に受け付けは終了している。なお、料理を温かいまま配送できるかの検証や、ドローンで食事を運ぶことで利用者が待ち時間も楽しめるようなエンターテインメント性も評価する。

メズム東京「スペシャルランチセットボックス」イメージ
メズム東京「スペシャルランチセットボックス」イメージ
予約から受け取りまでの流れ
予約から受け取りまでの流れ

 KDDIとJR東日本は、2020年12月から空間を越えた新しい暮らしを実現する「空間自在プロジェクト」を推進している。

 今回のドローンによるフードデリバリー実証をはじめ、都市部に働く人・住む人・訪れる人に新しい暮らしを提供できるよう、さまざまなパートナーと連携し、引き続き実証を重ねていくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]