グーグル、ペットと似た芸術作品を見つける新機能「Pet Portraits」--日本語版アプリでも

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、芸術作品鑑賞アプリ「Google Arts & Culture」を強化し、犬や猫といったペットと似た作品の検索機能「Pet Portraits」を提供開始した。

ペットと似た芸術作品を検索(出典:Google)
ペットと似た芸術作品を検索(出典:Google)

 Google Arts & Cultureは、世界各地の美術館や博物館に収蔵されている作品を鑑賞したり、作品の情報を調べたりできるスマートフォン用アプリ。Pet Portraitsは、2018年より提供している、自撮りした自分とよく似ている作品を探せる機能「Art Selfie」のペット版だ。

 Google Arts & Cultureを開いてPet Portraitsを選ぶと、カメラでペットを撮影できるようになる。対象となるペットは、犬や猫だけでなく、鳥やウサギ、魚、馬、亀のようなは虫類などさまざま。撮影すると、Googleの提携した美術館の収蔵作品から、そのペットと似た絵がいくつか表示される。

似ている作品をシェア(出典:Google)
似ている作品をシェア(出典:Google)
犬や猫以外も(出典:Google)
犬や猫以外も(出典:Google)

 気に入った作品があれば、画像を保存したりSNSでシェアしたりできる。複数の画像を選んでGIFスライドショーを作ることも可能。表示された作品の解説も読める。

 Google Arts & Cultureには、Pet PortraitsやArt Selfieのほか、撮影した写真を芸術作品風に加工できる「Art Transfer」、写真の色を参考に作品を探せる「Color Palette」といった機能もある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]