内部告発者が語ったFacebookの実情--英議会でのホーゲン氏証言から - (page 2)

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年10月28日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供向けInstagram

 Facebookは先日、Instagramを利用できない13歳未満の若いユーザーを対象とした「Instagram Kids」と呼ばれるアプリの開発を中止した。Haugen氏は、14歳の子供の安全さえ守れないFacebookが、10歳向けの安全なInstagramを開発できるとは到底思えないと述べた。

 「シリコンバレーでは、多くのエリート私立学校が校則でソーシャルメディアの使用を全面的に禁じている。これは非常に示唆的だ。こうした学校は、生徒たちがスマートフォンを使わず、ソーシャルメディア上で交流もしない文化を作ろうとしている」

 Facebookは、子供たちは年齢制限をかいくぐってソーシャルメディアに忍び込もうとするのだから、少なくとも子供たちが使用できる安全なプラットフォームを作るべきだと主張しているが、Haugen氏はこれを「論点ずらし」だと指摘する。同氏によれば、Facebookはユーザーの年齢を正確に推測できるだけの十分なデータを持っているにもかかわらず、プラットフォーム上にいると考えられる対象年齢に満たないユーザーの数や、この問題にどう対応していくかを明らかにしていない。

 Haugen氏は「現在のFacebookの対応が不十分であることは間違いない」のだから、Facebookは対象年齢に満たないユーザーを検知するために何をしているかを公表すべきだと訴えた。

競合企業と比べたFacebookの対応

 Haugen氏は、Facebookは透明性に欠けると指摘し、競合他社よりも社内の調査や意思決定を秘密にする傾向があると述べた。「GoogleとTwitterはどちらも、Facebookと比べれば圧倒的に透明性が高い」とHaugen氏は指摘する。

Facebookの安全性への投資の少なさ

 Haugen氏は、Facebookがいかに利益の最大化を最優先し、収益性の改善につながるプロジェクトを従業員に奨励しているか、その一方で、Facebookの運営方法を大きく変えるような提案は抑え込んでいるかについて熱弁をふるった。

 Facebookは17日、メタバースを構築するために欧州で新たに1万人を雇用すると発表した。Haugen氏はこの発表に驚くとともに、安全性の改善に同等のリソースが割かれていない現状にいらだちを感じると述べた。「もし1万人ものエンジニアを追加できていれば、安全性のために何ができていたか。状況は飛躍的に改善されていたはずだ」とHaugen氏は言う。

 FacebookのBickert氏は、公聴会での議論と異なり、Facebookは常にビジネスの観点から有害なコンテンツの削除に取り組んできたと述べた。「ユーザーはそのようなコンテンツを見たくないと考えており、広告主もそのようなコンテンツに自社の広告がつくことを望んでいない」とBickert氏は言う。「130億ドルを投資し、4万人を雇用して、ユーザーの安全を守る活動に注力してきたのはそのためだ。その結果、この3四半期でユーザーがFacebookで目にするヘイトスピーチはほぼ半減し、コンテンツビューのわずか0.05%にまで減少した」

Facebookは「邪悪」なのか

 議員たちは、Facebookは邪悪だという言葉をHaugen氏から引き出そうとしていたが、失敗に終わった。Haugen氏は、Facebookには「良心的で、親切で、共感力の高い人たちが大勢いた」が、悪いインセンティブを与えられ、悪いシステムに組み込まれていたために、結果として悪い行動をとることになったと述べた。

 Facebookの文化は「前向きであり、それが行き過ぎて、難しい問題に目を向けようとしても妨げられてしまう」とHaugen氏は指摘する。つまり、警鐘を鳴らす人よりも、見て見ぬふりをする人の方が昇進する可能性が高かったというわけだ。同氏は、Facebookに悪意があるとは思わないが、「怠慢」と「無知」が問題を引き起こしていると語った。

 Facebookが憎悪を生み出したわけではない、とHaugen氏は言う。しかし、同社が「憎悪を増幅していることに疑いの余地はない」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]