「Google Play」、サブスクアプリの手数料率を引き下げ--電子書籍や音楽も

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年10月22日 10時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月21日、「Google Play」でサブスクリプションベースのアプリから徴収するサービス手数料率を、2022年1月1日より30%から15%に引き下げると「Android」開発者向けブログで発表した。新料率は即日すべてのサブスクリプションに適用されるという。現在の料金体系では、顧客を1年以上つなぎ止めておかなければ15%という料率は適用されないが、それが変わることになる。

Google Playのロゴ
提供:Getty

 Googleはブログで次のように述べた。「現在のサービス手数料率は、サブスクリプション登録が12カ月以上継続すると30%から15%に引き下げられる。しかし、顧客離れのせいで、サブスクリプションビジネスがそうした料率引き下げの恩恵を受けるのが困難になっていると耳にしている。そこで、恩恵を受けられるように単純化する」

 サブスクリプションベースのサービス手数料率引き下げに加えて、Googleは、電子書籍と音楽ストリーミングサービスのサービス手数料率についても引き下げを発表した。売上高の大半がコンテンツの対価であり、「Google Playメディアエクスペリエンスプログラム」に参加している開発者を対象に、現行の15%から10%に手数料率を引き下げる。「メディアコンテンツ業界の経済状況を認識し、開発者、およびその背後にあるアーティストやミュージシャン、作家のコミュニティーにとって、Google Playがよりうまく機能するようにする」狙いがあるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]