メガネ型デバイス「JINS MEME」に新モデル--心と体を可視化、サブスクで継続利用を促す

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジンズは、目や体の動きをセンサーで捉え、スマートフォン用アプリで心と体の状態を可視化できるメガネ型デバイス「JINS MEME」について、新モデルを10月14日にJINSの一部店舗(100店舗)とオンラインショップ、Amazon.co.jpで発売する。すでに、購入予約の受付を開始している。

JINS MEMEを発表するジンズホールディングス代表取締役CEOの田中仁氏
JINS MEMEを発表するジンズホールディングス代表取締役CEOの田中仁氏

2015年に登場した初代JINS MEME

 JINS MEMEは、“まばたき”や視線の動きと、体の動きを計測するセンサーの搭載されたアイウェア。こうしたデータをスマートフォン上のアプリで可視化することで、疲労や眠気を自覚したり、集中力を高めたりできるという。

 最初のモデルは2015年11月に発売。その後、集中力を高めるアプリのリリースや、安全運転支援機能の追加など、機能向上に取り組んできた。

 ただし、初代モデルはメガネの“つる”部分に基板やバッテリーが内蔵されていたため、やや大きく掛け心地が悪く、重かったそうだ。さらに、取得したデータの活用も不十分だったという。

普通のメガネのようになった新モデル

 今回発売する新モデルは、フレームデザインを一新し、普通のメガネと変わらない装着感を実現。そして、専用アプリを改良するとともに、サービス利用方法も見直した。

 新モデルでは、旧モデルでノーズパッド周囲とテンプルエンドに分散されていたセンサーとバッテリーを、小型化すると同時に「JINS MEME CORE」1つに集約。これをノーズパッドに取り付けることで、フレームとつるは一般のメガネと同様のデザインとなった。

スッキリしたデザインの新モデル(右)
スッキリしたデザインの新モデル(右)
センサーなどをJINS MEME COREに集約
センサーなどをJINS MEME COREに集約

 発表会の会場で実際にかけてみたところ、装着感は普通のメガネと変わらず、違和感がなく、重さも特別感じなかった。しかも、パッドとつるのフィッティングが可能なので、自分用に調整すれば装着感はさらに向上するだろう。ちなみに重さは、フレームが20g強、JINS MEME COREが約6g。

普通のメガネと変わらない形状
普通のメガネと変わらない形状

 センサーは、3点式の眼電位センサーと、6軸のモーションセンサーを搭載。眼電位センサーは、眼球の動きに応じて変化する皮膚の電位を計測することで、まばたきと視線移動を捉える。モーションセンサーは、3軸それぞれに加速度センサーとジャイロセンサーを備え、xyz軸方向の動きと回転を計測できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]