「iPhone 14 Pro」にパンチホールデザインと4800万画素広角カメラ?--クオ氏予想

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2021年09月21日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 13」は先週発表され、予約受付が開始されている。そうした中、Appleに詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏が投資家向けメモの中で、次期モデル「iPhone 14」について予測しているようだ。9to5Macが米国時間9月20日に報じた。

iPhone
提供:Screenshot/CNET

 記事によると、Kuo氏はiPhone 14について、「Pro」と「Pro Max」モデルがパンチホールデザインのディスプレイと4800万画素の広角リアカメラを採用すると予想している。また、 iPhone 14のラインアップは、画面サイズが6.1インチと6.7インチの2種類になるという。

 Kuo氏は以前、iPhone 14は画面内蔵型の「Touch ID」をサポートする可能性があるとしていた。しかし今回新たに、「開発の進捗が想定より遅れている」ことから、Appleが2023年下半期まで採用を延期する可能性があるとの見方を示したと報じられている。また同氏は、折りたたみ式のiPhoneの投入も2024年にずれ込む見通しだとメモの中で述べているという。

 米CNETの取材に対し、Appleから返答はない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]