次世代のAppleチップに向けたチャレンジ--Appleニュース一気読み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2020年、同社の主力コンピュータ「Mac」に、独自設計のApple Silicon「M1」を搭載して刷新した。

 最も廉価で人気のあるモバイルノート「MacBook Air」の性能は5倍程度引き上げられ、最上位モデルのMacBook Pro 16インチに到達、メモリ8GBモデルで4Kはおろか8Kの映像まで編集できるほどの性能になった。

 2016年頃から、当時採用していたIntelのCPUについて、Appleが求める性能と省電力性のバランスが採れたチップの調達に悩んでおり、一方で性能が次々に向上するiPhone・iPadを見た顧客からは「Mac軽視」の批判を浴びる結果となった。

 Apple Silicon採用はその問題解決として、最良の結果を得ている、と評価できる。ただし、M1がIntelチップに完全に勝っているとは言えない。

 確かに省電力性についてはiPhone譲りの「サボる技術」がふんだんに使われ、その常識をコンピュータに持ち込んだ点が画期的だった。M1が汎用的にその性能を発揮するかと言われると、得手不得手があるように感じられる。たとえばビデオ編集を行う場合、さまざまなアクセラレータや画像処理エンジンが備わっており、プロセッサ本来の性能を補っているからだ。

 もちろんユーザーからすれば、良く使う機能が高速かつ省電力に動けば満足だし、Appleはそうした現実的、体験的に高性能であると感想を持つことを選んでいる。それが必ずしもプロセッサそのものの性能評価につながるわけではない点は、理解しておく必要がある。

 その上で、AppleはApple Siliconをどのように進化させようとしているのだろうか。

 その鍵となる求人情報が報じられている。「RISC-V」と言われるプロセッサ技術のプログラマーを募集しているというのだ。

 RISC-Vはカリフォルニア大学バークレー校でボランティアの貢献も集めて開発され、32ビット、64ビット、さらに128ビットまで用意されている。そして最大の特筆すべきポイントは、命令セットアーキテクチャ(ISA)が、使用料がかからないオープンライセンスで提供されている。

 現在AppleがM1やA14 Bionic等で採用しているのはARM V8.6Aと言われる命令セットを用いる独自のチップだ。このARMは、ご存じの通り、ソフトバンクからNVIDIAが買収を発表している。

 ARMについてはオープンアーキテクチャではないため、Appleはライセンス使用料を支払う必要がある。またIntelからチップを調達していたときほど影響は受けにくいが、ARMの発展にApple Silicon強化のスピードや方向性が制限を受ける可能性も将来考えられる。

 これらの点から、Appleがよりオープンなチップ開発の環境を手に入れようと動くことに大きな驚きはなく、今回報じられたRISC-Vも、将来のApple Siliconが採用するアーキテクチャの1つの候補になり得る。

アップル、Arm技術と競合する「RISC-V」のプログラマーを募集(9/6)

まもなくイベント

アップル、9月15日にイベント開催--「最新作をカルフォルニアから」(9/8) 「iPhone 13」のうわさをおさらい--「iPhone 12」からどう変わるのか(9/8) アップル、新型のスマホ4種類と「MagSafe」充電器に言及--FCC申請書類で(9/8) アップルのイベント開催間近--「iPhone 13」など期待の発表内容を予想(9/10)

その他

アップル従業員、クックCEOら宛に公開書簡--プライバシーや差別問題への対応求める(9/6) スマホメーカーに7年間の部品提供の義務付けを--ドイツがEUに求める意向(9/8) フォード、アップルの自動車プロジェクト幹部など歴任したダグ・フィールド氏雇用(9/8) Apple MusicのDJミックスですべての楽曲権利者を特定、直接支払えるシステムを開発(9/10)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]