Apple MusicのDJミックスですべての楽曲権利者を特定、直接支払えるシステムを開発

坂本純子 (編集部)2021年09月10日 17時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月10日、Apple MusicのDJミックスにおいて、正しくオリジナル楽曲の権利者を特定し、すべての権利者に直接支払いができる新システムを開発したと発表した。メジャーレーベルやインディーレーベルの協力を得ているという。

 音楽検索アプリ「Shazam」のテクノロジーを使い、AppleはApple Musicのミックスに使用される楽曲に関与するすべてのクリエイターを適切に識別するとしている。

 DJに加えて、音楽フェスティバル、クラブ、コンサートプロモーター、キュレーターやインディーレーベルなどといったDJミックスのサプライヤーにも公平に支払いが行われるようにしていくという。

 なお、Apple Music DJミックスには、すでに数千のミックスが公開されており、今後さらに多くのミックスが定期的に追加されていく予定だ。今回にあわせ、Studio K7!のDJ-KicksのミックスのアーカイブがApple Musicで公開される。

 この取り組みについて、音楽関係者も下記のコメントを寄せている。

 「これは、K7!にとって晴れ舞台。Appleとのパートナーシップを通じて、遂に、15年以上もマーケットに出回っていないDJ-Kicksの14の追加エディションを公開できる」 (Horst Weidenmueller, Founder, Studio K7!)

 「1992年にMixmagは、カール・コックスとデイヴ・シーマンと世界初のミックスCD『Mixmag Live』を生み出した。それはミックステープのカルチャーを変え、レイブやクラブで聴いた音楽を購入して聴けるようになり、注目のアーティストやDJにロイヤルティが公平に支払われるようになった。それから約30年経った今、MixmagはApple Musicの新しいDJミックスのテクノロジーを完全に支持している。Apple Musicと協力することで、これらのアーティストへの取り組みを継続していく。DJ、プロデューサー、権利者、サプライヤーに、彼らの作品を含むミックスからの長期的な支払いをしていくことは、私たちの業界において重要なこと」(Nick Stevenson, Managing Director, Mixmag)

 「Tomorrowlandは、世界中のApple Musicのサブスクリプションの登録者が、2016年、2017年、2018年、2019年の100を超える象徴的なTomorrowlandのDJセットの記憶を辿り、没頭できることをうれしく思う。また、オンラインで開催した世界各地のTomorrowlandや、2020年12月31日に開催したTomorrowlandも楽しんでいただける。以前はストリーミング配信できなかったアレッソ、Amelie Lens、カール・コックス、 Charlotte de Witte、デヴィッド・ゲッタ、Diplo、ハードウェル、メジャー・レイザー、Martin Garrix、ザ・チェインスモーカーズ、ティエストなどの伝説的なパフォーマンスがストリーム配信が開始となり、一つの魔法の場所で蘇る」(Filip Teerlinck, Head of Media, Tomorrowland)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]