木村拓哉さんら俳優陣が登壇--セガ「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」完成披露会

佐藤和也 (編集部)2021年09月13日 12時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 完成披露記者発表会では俳優陣が登壇し、総合監督を務めるセガの名越稔洋氏(左)とともに、トークを行った。
Scroll Right Scroll Left

 完成披露記者発表会では俳優陣が登壇し、総合監督を務めるセガの名越稔洋氏(左)とともに、トークを行った。

 セガは9月10日、新作ゲームタイトル「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」の完成披露記者発表会を開催。主演を務める木村拓哉さんら俳優陣が登壇した。

 LOST JUDGMENTは、木村さんと「龍が如くスタジオ」がタッグを組んで制作されたリーガルサスペンスアクション「JUDGE EYES:死神の遺言」に続く、「ジャッジアイズ」シリーズ第2作。本作でも、主人公の八神隆之を木村さんが熱演。さらに、八神を取り巻く主要な登場人物として、前作に引き続き出演する中尾彬さんをはじめ、玉木宏さん、山本耕史さん、光石研さんといった実力派の俳優陣が演じる。PlayStation 5、PlayStation 4、 Xbox Series X|S、Xbox One向けに9月24日発売予定となっている。

 完成披露記者発表会では、木村さんをはじめ俳優陣5人が揃って登壇。本作の総合監督を務めるセガの名越稔洋氏とともに、トークを展開。前作について名越氏は、国内のみならず海外からも想像以上に好評だったことに触れ、木村さんも「海外で非常に好評だったというのは、すごく嬉しい」と一言。続けて「お仕事の現場でも、インタビューをしてくださる女性アナウンサーの方や、まさかというような方から『実はクリアしました』と小さい声で伝えていただくことが割と多くて。なんでみんな小声で言うんだろうと思ったけど(笑)、周りの方がたくさんプレイしてくださった」と、前作の反響や反応を語った。

 また木村さんは「前作に引き続き新たなキャスト、新たなスタッフも含めて、LOST JUDGMENTという作品を作った。ゲームという独特な世界観だが、普段実写でやってる立場からすると、こんなにもリアルにできるんだと、プレッシャーを与えられるぐらいのリアルな世界観が広がっている。この状況下でストレスが溜まりがちですが、少しは解消することができるかもしれません。プレイして楽しんでほしい」とアピールした。

 本作の主題歌は、jon-YAKITORY feat. Adoによる「蝸旋」と発表。ボカロPとして知られるjon-YAKITORYさんと、「うっせぇわ」が話題となったAdoさんによる楽曲となっている。当日は、2人からのビデオメッセージも寄せられた。

 名越氏は、本作はコロナ禍での開発となって苦労したところも多かったと触れつつ、「本作でも世界中の人に共感ができるドラマになった」と自信を見せた。そして「今はスマホゲームやオンラインゲームで、本当に面白いタイトルもたくさんあるが、ひとりで過ごしながら遊ぶ豊かな時間を、我々はこの作品を通じて提供できる」とアピールした。

 なお、発売に先駆け体験版の配信を開始(PS4版とPS5版のみ)。本編のストーリー冒頭から1章の途中までがプレイできるもので、本編でも使用できるセーブデータが保存可能となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]