「Pinterest」が2022年前半に日本で広告事業を開始--成田敬氏が責任者に就任

藤井涼 (編集部)2021年09月07日 08時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジュアル探索ツール「Pinterest(ピンタレスト)」を展開するPinterestは9月7日、日本において2022年前半に広告事業を開始することを発表した。これに向けて、日本カントリーマネージャーに成田敬氏が就任する。

 同社によれば、2021年第2四半期の収益は前年比125%増の6億1300万ドル。2019年には英語圏外(欧州)でも広告事業を開始しており、過去1年間で欧州の広告主の数は2倍に成長しているという。日本は31カ国目の広告展開国になるという。

 2022年にかけて東京オフィスを拡大し、営業、マーケティング、経理、クリエイティブ戦略における国内初の役職を含めた45人以上の新規採用を予定しているという。これにより、2014年に東京オフィスを開設して以来、最大のPinterest Japanチームの事業拡大になると説明する。

日本カントリーマネージャーに就任する成田敬氏
日本カントリーマネージャーに就任する成田敬氏

 日本カントリーマネージャーに就任する成田氏は、前職ではアマゾンの代理店事業本部長として広告事業を主導し、大手広告代理店との事業を牽引。それ以前には、AOLプラットフォームの一部門であるAdvertising.comの最高執行責任者を務めている。また、現在はアドテック東京のアドバイザリーボードメンバーも務めている。

 就任後は、日本のカントリーマネージャーとして、営業チームの構築、企業や代理店との連携による、Pinterestの日本市場における広告プログラムの立ち上げと拡大を主導する活動全般に責務を持つとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]