「Windows 11」「Windows 10 21H2」の商用プレビュー版リリース

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年09月03日 11時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10 21H2」と「Windows 11」のリリースが秋に予定されている中、Microsoftは、企業が「Windows Insider Program for Business」を通じてテストできるように、両OSの商用プレビュー版を提供開始している。Windows Insider Program for Businessに登録している企業は、米国時間9月2日時点で、「Windows Update」「Windows Server Update Services」(WSUS)、「Azure Marketplace」「Windows Insider Program」のISOダウンロード用ページなどから、これらのOSのビルドを入手できる。

Windows Update
提供:Microsoft

 Microsoftは、これらのビルドのテストや検証を希望する企業に無料サポートを提供しているため、企業は一般提供に先立って、スムーズに導入できるかどうかを確認できる。Microsoftは、10月5日から2022年半ばまでの間にWindows 11をロールアウトする計画のようだ。Windows 10 21H2のリリース日は明らかにされていないが、2021年10月頃になりそうだと予想されている。

 Windows Insider Programの「Release Preview」チャネル向けに構成されている商用デバイスは、「Windows Update」や「Windows Update for Business」のポリシーに従ってオプションのアップグレードとしてWindows 11が自動的に提供される。対象となるのは、Windows 11のハードウェア要件を満たし、2021年9月1日のオプション累積更新プログラム「KB5005101」がインストールされているデバイスだ。

 特定のデバイスでWindows 11へのアップグレードを希望しないユーザーは、案内画面で「引き続きWindows 10を使用する(Stay on Windows 10 for now)」を選べば、代わりにWindows 10 21H2をインストールするオプションが表示される。また、Release Previewチャネルの商用デバイスで、Windows 11のインストールに必要なハードウェア要件を満たしていない場合、Windows 10 21H2をインストールするオプションが自動的に提供される。

 Microsoftは7月中旬、Insider向けにWindows 10 21H2のテストビルドのリリースを開始している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]