マイクロソフト、「Windows 11」を10月5日に提供開始--無償アップグレードも

坂本純子 (編集部)2021年09月01日 01時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは8月31日、2021年後半にリリース予定としていた新OS「Windows 11」の提供を10月5日に開始することを明らかにした。

 対象となるWindows 10搭載PCでは、Windows 11への無償アップグレードが開始されるほか、Windows 11がプリインストールされたPCの購入も可能になるとしている。

 Windows 11は、スタートメニュー、ホーム画面などを一新。シンプルなデザインにするとともに、新たに用意されたウィジェットでニュースや株価、エンターテインメント情報などにアクセスしやすくしている。また、Microsoft TeamsをWindows 11に組み込み、デスクトップからコンタクトを簡単にとれるようにしたほか、アプリストア「Microsoft Store」など大幅なアップデートが行われている。

 なお、Windows 11が動作するシステムの最小要件は、1GHz以上で2つ以上のコアを有する64bitCPUまたはSoC、RAM4GB、ストレージ64GB、9インチ以上、HD解像度 (720p)のディスプレイなど。詳細はウェブサイトに記されている。

新たなウィジェット
新たなウィジェット

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]