グーグル、「Chromebook」向けArmプロセッサーを自社開発か

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年09月02日 09時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが自社の「Chrome OS」を搭載するノートPCとタブレット向けに、独自プロセッサーの開発に取り組んでいるとの報道が浮上した。Nikkei Asiaは9月1日、GoogleがArmアーキテクチャーに基づいた自社開発の「Chromebook」向けチップを2023年頃に提供開始する可能性があると報じた。

Chromebook
提供:Sarah Tew/CNET

 Googleは8月、社内設計した新しいシステムオンチップ(SoC)である「Tensor」を「Pixel 6」に搭載することを明らかにした。Googleによると、TensorはPixelモデルのスマートフォンの計算能力を高め、動画機能も強化するという。以前にも、Googleが独自チップを開発しており、これがChromebookの将来モデルに搭載される可能性があるという報道はあった。

 Nikkei Asiaの記事によると、Googleの今回の動きは、Appleが「iPhone」シリーズで独自チップを採用して成功したことや、その後、Mac向けのチップをIntel製から独自の「M1」チップに変更したことなどがきっかけになっているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]