今秋発売の「Pixel 6」--自社製チップでグーグルのスマホ事業を救えるか

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年08月12日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月2日、フラッグシップスマートフォンシリーズの最新世代となる「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を発表した。これらのモデルは、群雄割拠の市場に君臨するAppleやサムスンと競合することになる。2021年秋に発売予定のこれらの5Gスマートフォンには、Googleが社内で設計した新しいシステムオンチップ(SoC)が搭載されている。

 Pixel 6
Googleの「Pixel 6」スマートフォンは、数色のカラーバリエーションが用意されている。
提供:Google

 ほとんどの「Android」スマートフォンメーカーと同様、Googleも長い間、自社製デバイスにQualcommのSoCを搭載してきた。しかし、デバイスの頭脳となるプロセッサーを独自に設計することで、Googleは自社が最も重要とみなす機能に合わせて、チップをより適切にカスタマイズすることができるようになった。「Tensor」と呼ばれるこの新チップは、コンピューティング能力を高め、「Pixel」スマートフォンの動画機能を強化するほか、以前のPixelモデルではライバルに後れをとっていた機能も拡充する。

 この新しいチップは、Googleのスマートフォン事業の大規模な刷新の一部に過ぎない。ハードウェア面で最も顕著な変更は、本体背面の上部に帯状に配置された黒いカメラモジュールだ。これとは対照的に、2020年の「Pixel 5」のカメラは、本体背面の左上にある丸みを帯びた小さな四角形の中に格納されていた。Pixel 6とPixel 6 Proはいずれも、Pixel 5より150%多くの光を取り込む新しいセンサーと超広角レンズを搭載している。Pixel 6 Proは、それらに加えて、4倍光学ズームの望遠レンズも備える。

 また、Pixel 6とPixel 6 Proは以前のモデルよりもカラフルで、薄いグリーンまたはブルー、ピンクなどのパステル調のカラースキームが採用されている。Pixel 6のディスプレイは6.4インチで、本体の前面全体を覆っている。一方、Pixel 6 Proのディスプレイは6.7インチだ。どちらも2020年の6インチのPixel 5から大型化している。

 価格と具体的な発売日はまだ発表されていない。前モデルのPixel 5は2020年10月に発売され、価格は699ドル(日本では税込み7万4800円)からとなっていた。

 Googleはプレミアムスマートフォン市場で苦戦し続けているため、Pixel 6シリーズには大きなプレッシャーがかかっている。スマートフォンソフトウェアに関して言えば、GoogleのAndroidは世界で最も広く使用されているモバイルOSであり、全世界で出荷されるスマートフォンの10台中約9台に搭載されている。だが、Googleの自社ブランドのスマートフォンは人気を集めるのに苦労しており、売り上げは何年も低迷している。Googleの幹部は以前、Pixelが伸び悩んでいる理由として、Appleとサムスンがけん引するプレミアムスマートフォン市場の競争の激しさを挙げたことがある。

Tensorチップ
Googleは「Tensor」という独自のSoCを設計した。
提供:Google

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]