「Windows 11」のAndroidアプリ対応、リリース時には含まれず

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年09月01日 09時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月5日にリリースされることが明らかになったMicrosoftの「Windows 11」。この次期OSで特に期待される機能の1つが「Android」アプリのサポートだが、その提供がOSリリース時には間に合わないことが判明した。同社によると、「Microsoft Store」でのAndroidアプリ提供はリリース時には行わず、また提供予定日も明らかになっていない。

Windows 11
提供:Sarah Tew/CNET

 同社は、IntelおよびAmazonと協力して開発しているこの新機能を、「数カ月以内」にWindows Insider向けの「プレビュー」版として提供するとしている。

 Androidアプリのサポートは、新しいビジュアル、より良い整理用ツール、ゲーム性能の向上に並ぶ、重要なセールスポイントだ。

 Microsoftは、6月にAndroidアプリのサポートを発表し、Microsoft StoreでAndroidアプリを検索してWindows 11搭載PCにインストールできるようになると述べていた。Microsoftがこの計画を公表する前にも、例えばサムスンの「Galaxy」スマートフォンを利用するなど、Windows 10でAndroidアプリにアクセスするいくつかの方法はあった。しかし、Microsoftが提供する新たな手段は、これをさらに容易にするものだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]