「Google Meet」、エコーの発生元に警告を表示へ

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年08月25日 10時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パンデミックが続く中、ビデオ通話は家族や同僚が連絡を取り合う際の標準ツールとなったが、それに伴って頻発している厄介な問題がエコーの発生だ。この問題に対処するため、Googleは近く、ビデオ会議サービス「Google Meet」での通話中にエコーを検出し、原因となっているデバイスを推定できた場合、そのユーザーに赤い点のアラートで通知する機能を追加する。

提供:Google
提供:Google

 通知をクリックするとGoogle Meetのヘルプセンターに遷移し、エコーを解消するためのアドバイスが得られる。

 通話中のエコーはたいてい、スピーカーから出力された通話の音声がデバイスのマイクに拾われ、それがまた通話に送られることで生じる。エコーを防ぐのに最も有効なのは、ヘッドホンやイヤホンを使いスピーカーからは音を出さないことだ。次善の策としては、スピーカーの音量を下げたり、発言していない間は常に自分の音声出力をミュートしたりといった方法でも解決する場合がある。

 Googleは、このエコーアラート機能を今後2週間のうちにGoogle Meetユーザー向けに実装するとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]