クアルコム、世界初の5GとAI機能をあわせ持つ自律型ドローンプラットフォーム

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クアルコムは8月17日(米国時間)、世界初の5GとAI機能をあわせ持つ自律型ドローンプラットフォーム「Qualcomm Flight RB5 5G Platform」を発表した。

Qualcomm Flight RB5 Platform
Qualcomm Flight RB5 Platform

 映画の撮影から警備、マッピング、配達まで幅広いユースケースをサポートするプラットフォームで、エッジAIのためのDSPやカメラ機能、セキュリティプロセッシングユニットも実装している。

 同プラットフォームは、SoCに同社の「QRB5165」プロセッサ(8コア)、GPUにAdreno 650、DSPに「Hexagon Tensor」、メモリにLPDDR5 8GB、ストレージにUFS3.0 128GB容量を搭載。通信では、5Gのほか、Wi-Fi 6にも対応し、目視外飛行のさいの飛行能力を向上させたという。なお、5Gはミリ波にも対応し、米国のVerizonと協業してネットワーク試験を行っている。

 このプラットフォームのリファレンスデザインはModalAIですでに予約販売されており、価格は3999米ドルからとなっている。また、開発キットは2021年の第4四半期に提供開始予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]