Twitter、リプライできる人の設定をツイート後でも変更可能に

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年07月14日 11時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間7月13日、ツイートした後でも、そのツイートにリプライ可能なユーザーを変更できるようにするアップデートの提供を開始した。同社はこの変更について、ツイートした内容が予想外の注目を集めたり、望まない返信を受け取ったりしたユーザーにとって役立つ可能性があるとしている。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 Twitterは、ツイートの作成時にリプライ可能なアカウントを選択できる機能を2020年8月にリリースしており、今回のアップデートはこの機能を踏まえたものだ。ユーザーは、リプライできるアカウントを「全員」「フォローしているアカウント」「@ツイートしたユーザーのみ」から選択できる。Twitterは、この機能がオンラインでより安心感を持ってもらう一助になると述べた。

 最新のアップデートは、「iOS」および「Android」向けアプリとウェブ版で、世界中で利用できるようになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]