WWDC21でもっとも注目を集めたテクノロジー--Appleニュース一気読み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月7日から、世界開発者会議WWDC21を開催し、iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、tvOS 15、そしてmacOS 12 Montereyを発表した。今回ハードウェアのアップデートはなかった。

 全編を通じてプライバシーに配慮した技術革新を強調していたが、開発者に大してAppleが提供するAPIの実装例を標準アプリの進化という形で伝え、2021シーズンの新しいアプリの在り方についてイメージを膨らせる、そんな狙いが色濃く見えるイベントとなった。

 2020年に続いてオンライン開催となり、抽選で15万円のチケットを手に入れ、高騰するサンノゼのホテルに1週間泊まり、往復の航空代までかかる、なかなかコストがかかっていたWWDCへの参加だったが、オンライン参加は無料で、予め各国言語の字幕が用意される。

 Appleはリアル開催とオンライン、どちらが良いかをWWDC21参加の開発者に対してアンケートを採っており、来年以降、パンデミックという制約が薄れる中での開発者会議の開催スタイルを模索しているようだ。

今回のイベントで最も注目を集めた技術は、macOS 12 Montereyに採用される「Universal Control」だろう。

 Macと並べて配置した他のMacやiPadについて、主として操作しているMacのマウスとキーボードをそのまま利用して操作する事ができるようにする技術。これまでコピー&ペーストの際のクリップボードを手元のデバイス間で共有する仕組みを実現していたが、この「連係」機能を強化した。

 また、非常に特徴的だったのが、iOS 15の新機能として紹介されたFaceTimeアプリの「SharePlay」だ。

 SharePlayはFaceTime通話中に音楽やビデオなどのコンテンツを、通話参加者の間で同時に再生することができる仕組みだ。FaceTime通話上をコンテンツが流れるのではなく、再生するコンテンツは通話参加者各自がコンテンツサービスにアクセスして再生する仕組みだ。

 しかしこのデモには仕掛けがあった。SharePlayを行うためには、実はFaceTime通話である必要もなければ、共有するコンテンツもApple MusicやApple TV+である必要もない。

 自社のビデオ通話アプリにSharePlayを実装させたり、HuluやDisney+のように、自分のサブスクサービスをSharePlayに対応させることもできる。いわば、iOS 15の機能のショーケースになっていた。

 とくにストリーミングサービスなどを提供するサブスクリプションビジネスの企業にとっては、コミュニケーションの中でコンテンツが消費されることによって、これまで実現し得なかった外部ネットワーク効果によるユーザー開拓を行うことができる。

 今後注目される技術として実装が進むことが考えられる。

アップルの「App Store」、2020年の経済効果は約70兆円に(6/3) アップル、死後に「iCloud」データを託す相手を指定できる新機能(6/8) 「iOS 15」発表、FaceTimeの“共同視聴”や「集中モード」などを搭載--iPhone 6sも対象(6/8) アップル、次期macOS「Monterey」をWWDCで披露(6/8) 次期macOS「Monterey」の「ユニバーサルコントロール」、iPadやMac間で作業が容易に(6/8) アップル、スマートホーム機能を拡充--相互接続規格「Matter」にも対応(6/8) 「iPadOS 15」発表--マルチタスク新機能や素早くメモできる「クイックメモ」など(6/8) 「iOS 15」の「探す」機能、電源オフやデータ消去後でも検出可能に(6/9) 「macOS Monterey」の新機能、Intel搭載Macでは一部利用できず(6/11) 新型MacBook ProからAirPodsまで--アップルがWWDC21で発表しなかったデバイス群(6/11)

その他

アップル、「Podcastサブスクリプションサービス」の開始を6月に延期との報道(5/31) アップル、「AirPods」を2021年に刷新か--「AirPods Pro」は2022年?(5/31) アップルの「App Store」、2020年の経済効果は約70兆円に(6/3) アップル、「AirTag」のストーカー対策を強化--Android向け検出アプリも提供へ(6/4) アップルの週3日オフィス勤務要請に一部従業員グループが異議との報道(6/7) アドビの「Lightroom Classic」、M1搭載Macにネイティブ対応(6/9) 「Apple Music」で「Dolby Atmos」による空間オーディオが利用可能に(6/9) アップル、パスワード不要の認証技術「passkey」のテストを開始(6/11)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]