ストリートビューを舞台に使うフィットネスVRゲーム「VZfit」--無料トライアル配信中

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲーム開発を手がけているVirZOOMは、Googleの「ストリートビュー」を舞台にしてプレイ可能なフィットネス目的の仮想現実(VR)ゲーム「VZfit」を開発した。スタンドアロン型VRヘッドセット「Oculus Quest 2」向けに提供中

プレイするステージはストリートビュー(出典:VirZOOM)
プレイするステージはストリートビュー(出典:VirZOOM)

 VZfitは、VRヘッドセットのOculus Quest 2やハンドコントローラー「Oculus Touch」を使って操作するVRゲーム。ヘッドセットなどを装着して走る動作をしたり、フィットネス用の自転車をこいだりすると、ストリートビュー映像のなかを仮想的に移動できる。室内にいながら、世界中でトレーニングを楽しめるわけだ。

 ストリートビューのデータは、Googleから公開されているものを利用しており、1000万マイル(約1600万km)以上の道路にアクセス可能という。トレーニング用の仮想アイテムとしては、体の動きに反応して移動するボードと自転車が用意されている。

家に居ながらボードで移動(出典:VirZOOM)
家に居ながらボードで移動(出典:VirZOOM)
世界中をサイクリング(出典:VirZOOM)
世界中をサイクリング(出典:VirZOOM)

 マルチプレイヤー対応で、友達と一緒にトレーニングすることや、家族と競い合うこともできる。好みに合わせたトレーニング用コースを作り、ほかのユーザーと共有する機能も備えている。

 最初の7日間は、無料で試用可能。それ以降の料金は、月額9.99ドル(約1100円)。

VZfitの紹介ビデオ(出典:VirZOOM/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]