アップル 、BMWの電気自動車部門の元幹部を採用との報道--自動車チームに

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年06月14日 07時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWの電気自動車(EV)「i3」や「i8」の開発を統括した経歴を持つUlrich Kranz氏が、Appleの従業員となっているようだ。Bloombergの米国時間6月10日付けの記事によると、Appleはこの数週間にKranz氏を採用した。Kranz氏は最近までEVの新興企業Canooの最高経営責任者(CEO)だった。同氏は、Appleの自動車チームを率いるとみられる。同社は、「Apple Car」などと広く呼ばれている自動運転車を開発していると長く憶測されている。

Apple
提供:Óscar Gutiérrez/CNET

 米CNETはAppleにコメントを求めたが回答は得られていない。また、KranzのLinkedInのページにはまだ最新の情報が掲載されていないようだ。Bloombergによると、Kranz氏は、Doug Field氏の直属となる。Field氏は、Teslaに長く勤めた経歴を持ち、現在Apple Carプログラムを統括しているとみられている。Kranz氏を雇用したことはAppleにとって大きい。同社が自動車のソフトウェアのみではなく、車両の開発を全力で進めていることを示唆する最も大きな証拠のようだ。

 2020年末には、Appleの自動運転車は早ければ2024年に登場する可能性があると報じられた。また、Apple Car車両の製造を支援するパートナー候補との協議を進めているとされた。Appleは1月、現代自動車(ヒュンダイ)そして起亜自動車と、Apple Carプロジェクトをめぐって協議していたと報じられた。しかし両社はプロジェクトへの関与を否定した。直近では、Appleが中国の大手EVバッテリーメーカー寧徳時代新能源科技(CATL)や比亜迪(BYD)と協議しているとの報道もあった。この報道によると、Appleは、Apple Carのバッテリーを提供する製造施設を米国に建設することを求めているという。また同社が、社内開発した何らかの画期的なバッテリー技術を保有しており、製造の支援を求めている可能性もあるかもしれない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]