サムスンがシェア20%超で首位--2021年1Q世界スマホ市場

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2021年06月08日 11時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年第1四半期は、サムスンの幅広いラインアップがスマートフォン市場で強みを発揮したことが、調査会社Gartnerが米国時間6月7日に公開したレポートで明らかになった。サムスンの市場シェアは20.3%、販売台数は7661万台となった。

Galaxy A52 5G
提供:Sarah Tew/CNET

 この数字は、調査会社Canalysの4月のレポートとおおよそ一致する。Gartnerは、サムスンの低価格スマートフォンと主力の5G対応モデルが成長を後押ししたとみている。

 2位のAppleはシェア15.5%、販売台数は5855万台超だった。3~5位は中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)、Vivo(ヴィーヴォ)、オッポの3社が占め、販売台数はそれぞれ4894万台、3872万台、3839万台だった。

 世界のスマートフォンの販売台数は前年同期比で26%増加し、3億7799万台となった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]