ソフトバンクとOneWeb、2022年に低軌道衛星ネット事業を全世界で--年内は北緯50度以北

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクとOneWebは、衛星コンステレーションによる通信サービスを世界各地で提供するため、事業開発で協業すると発表した。

衛星コンステレーション構築を目指す(出典:OneWeb)
衛星コンステレーション構築を目指す(出典:OneWeb)

 OneWebは、低い高度で地球を周回する地球低軌道(LEO)人工衛星を多数打ち上げ、それらを連携させる衛星コンステレーションにより、地球全域への高速インターネット接続サービス提供を目指す企業。資金調達でつまずいたため米連邦破産法11条(チャプター11)で再建を図っていたところ、ソフトバンクグループなどからの出資を受け入れ、事業を継続している。

 両社は、ソフトバンクの通信サービスやDXソリューションと、OneWebのLEOを連携させ、日本を含む世界各地で衛星通信サービスを提供する計画。通信技術と商品の開発、必要な許認可の取得、地上局の構築などに、共同で取り組む。

 OneWebの衛星コンステレーションは、最終的に648基構成となる。現時点で、182基の打ち上げを完了。2021年末までに、北緯50度以上の地域を対象とする商用サービスを始める予定。全世界でのサービス開始時期は、2022年としている。

OneWebの紹介ビデオ(出典:OneWeb/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]