logo

ソフトバンクG、衛星ネット事業のOneWebへ再び出資--2022年に648基体制の衛星群を構築へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大量の人工衛星による通信サービス提供を目指しつつも資金調達でつまずき、米連邦破産法11条(チャプター11)で再建を図ったOneWebが、改めてソフトバンクグループと、通信サービスを手がける米国のHughes Network Systemsからの資金提供を受けた。総調達額は14億ドル(約1455億円)となり、2022年末までに合計648基からなる第1世代衛星群を構築するのに必要な資金が確保できたという。

衛星コンステレーション構築を目指す(出典:OneWeb)
衛星コンステレーション構築を目指す(出典:OneWeb)

 OneWebは、低い高度で地球を周回する地球低軌道(LEO)人工衛星を多数打ち上げ、それらを連携させる衛星コンステレーションにより、地球全域に高速なインターネット接続サービスを提供しようとしている。ソフトバンクも出資したものの、ニューヨーク州南部地区破産裁判所にチャプター11適用を申請するに至った。

 現在は、英国政府とインドBharti Globalによるコンソーシアムの管理下で事業を継続中。2020年12月には、Airbusと共同製造した衛星36基の打ち上げ成功させている。これにより、110基体制となった。

2020年12月に追加打ち上げ成功(出典:OneWeb)
2020年12月に追加打ち上げ成功(出典:OneWeb)

 なお、ソフトバンクは今回の出資にともない、OneWebへ役員を1名派遣する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]