「Disney+」、契約者数が1億360万人に--成長は鈍化

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年05月14日 10時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Disney+」の契約者数は、1年前のわずか3350万人から増加して、米国時間4月3日の時点で1億360万人に達した。The Walt Disney Companyが5月13日に2021年度第2四半期の決算報告で明らかにした。初のMarvelオリジナルシリーズ、「ワンダビジョン」と「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の配信が始まった2021年初め以降、会員は計870万人以上増えた。

Disney+のロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 これに対して、世界最大のサブスクリプション制動画配信サービス「Netflix」は、配信開始から10年以上経って世界全体の契約者数が2億700万人を超えた。Disney+がサービスを開始したのは1年半前のことだ。

 しかし、Disney+の最新の成長ペースは、爆発的に成長した1年目と比べると減速している。第2四半期のDisney+の契約者数は、前四半期と比べて9.2%増加した。しかし、Disney+の対前期比成長率は以前の方が大きく、その前の2四半期は増加率が29%と28%だった。

 Disney+の契約者はすべてが同じサービスを受けているわけではない。欧州とインドでは、Disney+は、より幅広いストリーミングサービスの一部としてバンドルされている。また、インドなどの国のサブスクリプション料金は、他の市場と比べてかなり低額だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]