アップルやグーグルが参加する連合団体、スマートホーム規格「Matter」を発表

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月12日 10時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IoTに関するグローバルな規格を策定する業界連合団体Connectivity Standards Alliance(CSA、旧Zigbee Alliance)は、スマートホーム製品の新たな接続規格「Matter」を発表した。CSAにはApple、Google、Amazonなど多数の企業が参加している。

 CSAはスマートホーム製品の認定を2021年後半に始める予定だ。これは、スマートホーム技術の開発と利用を容易にし、より広く普及させるための重要な一歩となる可能性がある。

Matterのロゴ付きの電球
提供:Connectivity Standards Alliance; illustration by Stephen Shankland/CNET

 認定されたスマートデバイス、例えばAmazonの「Alexa」で点灯する電球や、「Google Home」で管理されるビデオドアホンなどは、Matterのロゴを製品とパッケージに使用できるようになる。CSAの最高責任者であるTobin Richardson氏はインタビューの中で、このロゴが現在のWi-Fiロゴのように「普遍的なもの」になることを期待していると語った。

Matterのロゴ
Matterのロゴ
提供:CSA

 Matterは、これまで「Connected Home over IP(CHIP)」プロジェクトと呼ばれていた。2019年に発表されたこのプロジェクトは、スマートホーム機器の接続の複雑さを緩和するために、IPを採用している。これによりユーザーは、照明、暖房、ホームシアター、ビデオドアホン、ドアロック、アラームを、スマートスピーカーによって制御することができる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]