グーグルが動画、ゲーム、書籍のエンタメハブを「Android」タブレットで提供へ

Rae Hodge (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2021年05月06日 11時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月5日、「Android」タブレット向けに新たなエンターテインメントハブ「Entertainment Space」の提供を開始すると発表した。このハブは子ども向けアプリを集めた「Kids Space(キッズスペース)」をモデルにしたもので、ビデオストリーミングやゲーム、書籍を楽しめる、複数のアプリが搭載される。

Entertainment Space
提供:Google

 Googleによれば、Androidタブレットの利用を始めた人の数は、前年比で30%以上増えたという。

 Entertainment Spaceは「Watch」「Games」「Read」という3つのタブで構成され、「YouTube」「Google TV」「Twitch」「Hulu」「Google Play Books」「Google Play Games」などのアプリが搭載される。一部のゲームはダウンロード不要でプレイできるほか、Readタブではオーディオブックも提供される。

 Entertainment Spaceは米国で5月のうちに提供が始まる予定で、まずはWalmartの「onn.」タブレットシリーズ向けにリリースされる。その後は、レノボやシャープなど、複数のメーカーが世界各地で新たに発売、またはすでに発売しているAndroidタブレットで段階的に展開される予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]