世界のフードテック、ベンチャーと取り組む大手企業の“学び”--「Food Tech Studio - Bites!」 - (page 3)

微細藻類を用いて廃液処理と価値創造を行うAlgaleX

 続いて紹介されたのは日本発のスタートアップ、Algalexだ。代表取締役社長の高田大地氏は「きれいな川を保つために日本の食品工場は多大なコストと多大な労力を払って排水処理をしているが、それに対してのソリューションがある」と語る。

AlgaleXの概要
AlgaleXの概要
Algalex代表取締役社長の高田大地氏
Algalex代表取締役社長の高田大地氏

 「われわれが食品工場から廃液をもらって藻を培養することで、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの有価物を市場に提供できる。これを普及させることで工場の処理コストを低減し、循環から生まれた商品を市場に提供することで、5年後10年後にはサステナブルな概念が当然でクールだという社会を築いていきたい」

パーソナルスムージー&スープのサブスクを提供するGREEN SPOON

 GREEN SPOONは自分に合った野菜やフルーツがスムージーやスープになって自宅に届くサブスクリプションサービスだ。

GREEN SPOONの概要
GREEN SPOONの概要

 「忙しい人が健康になるために野菜やフルーツを食べるのは難しいという問いを解決するべく2013年にローンチした。野菜とフルーツがある生活を簡単に楽しく続けられるようにサポートしている」(Greenspoon代表取締役CEOの田邊友則氏)

Greenspoon代表取締役CEOの田邊友則氏
Greenspoon代表取締役CEOの田邊友則氏

柔らかい介護食を手軽に作れる調理家電の「DeliSofter」

 パナソニックとスクラムベンチャーズの共同出資によって誕生したパナソニック発スタートアップのギフモが開発したのは、電気圧力鍋などによって通常の食事を柔らかく食べやすくする調理家電の「Delisofter」だ。

DeliSofterの概要
DeliSofterの概要

 「(要介護者に)今まで通りの食事を出してあげたい、家族と同じ食事を取りたいという思いを叶える会社だ。従来は年齢や病気、障害を理由に食べることに問題を抱えている方は、原形をとどめないような食事を取っていた。DeliSofterを使うと、見た目と味を損なわずに家族と同じ食事を楽しむことができる。2020年7月に発売し、多くの喜びの声をいただいている。大企業の皆様とともに、食べる喜び生きる喜びを創造していきたい」(ギフモ代表取締役 森實将氏)

ギフモ代表取締役の森實将氏
ギフモ代表取締役の森實将氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]