logo

「Microsoft Edge」のキッズモード、一般提供に--閲覧できるサイトを限定

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月16日 10時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間4月15日、「Edge」ブラウザーで「キッズモード」の一般提供を開始したと発表した。キッズモードは、許可されたウェブサイトのみを表示する保護モードで、保護者は子供にノートPCを手渡す時に、簡単にこのモードを有効化することができる。

キッズモード
提供:Microsoft

 ウィンドウ右上隅のプロフィールアイコンからキッズモードを選択することで、これを有効化できる。キッズモードでは、よりカラフルなEdgeテーマの中から好きなものを選択し、許可リストに含まれているウェブサイトにアクセスできる。テーマには、DisneyやPixarのキャラクターを使ったものも複数用意されている。許可リストは、保護者が必要に応じて追加または削除してカスタマイズできる。

キッズモード設定の様子
提供:Microsoft

 5~8歳向けと9~12歳向けの2つのモードがある。両者は似ているが、米国の場合、9~12歳向けのモードには子供向けニュースサイト「MSN Kids」からのカスタマイズされたニュースフィードが表示される。記事のトピックは動物や科学などだ。

 ハイテク企業は、いじめ、偽情報、詐欺、マルウェアの問題を抱えるインターネット上で、子供がより安全に利用できるテクノロジーの開発を目指しており、この新しいモードはその一例だ。このモードは、保護者のもう1つの懸念である、子供のスクリーンタイムが長すぎるという問題には対応していないが、すべての問題が一度に解決できるわけではない。キッズモードは、1つの現実的な問題を解決するものだ。

 Edge製品ディレクターのDivya Kumar氏は、「これは、当社がこれまでに実施したすべての調査で、必ず挙げられる問題だ。保護者は心配している」と語った。

 キッズモードでは、Edgeのプライバシーについても、最も強い設定が適用される。全画面で表示され、ウィンドウを閉じようとすると資格情報が求められるため、他のアプリは実行できない。

キッズモードのカラフルなキャラクター
カラフルなキャラクターも登場する
提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]