著名AI研究者のベンジオ氏、グーグルを退職へ--同僚2人の退社問題が影響か

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年04月08日 11時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの人工知能(AI)部門の研究マネージャーで著名なサイエンティストのSamy Bengio氏が米国時間4月6日、同社を離れる意向を明らかにした。同氏のチームでは、AI倫理の研究者2人が退社を余儀なくされ、この問題をめぐって数カ月にわたって混乱が続いた。

Googleのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Bengio氏は、Googleに14年在籍するベテランで、ディープラーニング(深層学習)やAIを主要研究テーマとするGoogle Brainチームのグループを率いている。GoogleはBengio氏の退職を認めたが、それ以上のコメントは控えた。米CNETはBengio氏にもコメントを求めたが、回答は得られていない。

 Bloombergによると、Bengio氏はスタッフに宛てた電子メールで、「私は皆さんとともに、機械学習の研究に関してはもちろん、そして長期的に野心的な研究、探求、厳しさ、多様性、インクルージョンを推し進めるために、大規模な研究者のチームを組織することがいかに難しいが重要かということについても非常に多くのことを学んだ」と書いている。従業員の退職については言及していないようだ。

 Bengio氏は、2020年12月にGoogleのAI倫理部門が大きな騒動の渦中に置かれて以降、同社を離れる従業員の中で最も高い地位にある。この分野で数少ない著名な黒人女性研究者Timnit Gebru氏が同月、解雇されたとツイートした。AIに潜むバイアスのリスクを指摘する論文をめぐる意見の相違により、対立が生じたとしていた。同氏が問題視したAIには、Googleの検索エンジンに使われているシステムも含まれていたという。

 さらにGoogleは2月、Ethical AI(倫理的AI)チームをGebru氏と共同で率いていたMargaret Mitchell氏を、企業データの取り扱いをめぐる調査を行ったのちに解雇した。Mitchell氏は、Gebru氏への差別的な処遇の実例を見つけるために、自動化ソフトウェアを使って自身が過去にやりとりしたメッセージを調べていたとみられている。

 Bengio氏はGebru氏の退職を受け、FacebookでGebru氏を支持する声をあげていた。

 その後、GoogleはAI開発に取り組むチームの再編成を進めており、責任あるAIの開発に集中して取り組むことを明らかにした。新しいチームは、Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントMarian Croak氏が率いるとされている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]